So-net無料ブログ作成
検索選択
車(その他) ブログトップ

アイルトン・セナ  ~音速の彼方へ~ [車(その他)]

うどんオフで週末を空けていましたが、WOWOWで「アイルトン・セナ音速の彼方へ」を放送しておりましたので録画しておりました。早速見てみたのですが、アイルトンセナとアランプロストの確執であったり夢中でF1を見ていたことを思い出しながら見ておりました。

IMG_3909_R.JPG

この映画知っているようで知らないことも多く、レース前のドライバーズミーティングの様子など普段見れない様子が見れたりします。しかし、雨の時のセナは速かった。

IMG_3908_R.JPG

F1と政治力によりルールが変わっていったこともわかったり、セナの最後のレースで事故の原因は明確ではありませんが、おそらくはパワステが動かなくなりハンドルが動かなくなったのではないかということでした。

また、死因も壁に当たった際の部品がヘルメットを貫通して頭も貫通していたらしく、これがなかったら生きていた可能性があったということもわかりました。最後の年は、前年のウイリアムズ(ドライバーはアランプロスト)のアクティブサスペンションの優位性でどの車も追いつけなかったのですが、プロストが引退し、セナが契約した年にはアクティブサスを使ってはいけないというルールに変更され、苦戦を強いられていたこと。

IMG_3907_R.JPG

そして、現在のセナ財団の管財人がプロストであることなど、セナの取り巻く環境が苦労させられていたこととプロストとの因縁的な縁を感じます。

セナが亡くなってからF1を見に鈴鹿に行くこともTV観戦すらしなくなりました。

いつかF1を見に行くことはあるのだろうか?


nice!(42)  コメント(20) 
共通テーマ:自動車

速度取締り事情 [車(その他)]

YOMIURI ONRINEに以下のような記事があった。そもそもオービスは、なんのためにあるのか?減速したほうが良い場所に付けることにより事故が減ると言うのが理想の形であると思われる。

オービスのあるところには「速度取締り測定中」などの看板があり、おとり捜査の禁止されている日本では何らかの告知をしなければ、違反でもなんでも無くなるからだ。しかし、なんのために取り締まるのかは再考して欲しいものです、実務担当者の警察官の中には、取り締まるのが目的になっている人もいるように思えるし。この記事のような取締りをするくらいなら1Kmおきにオービス設置して欲しいものです。

速度と事故の関係は難しい。スピードが遅ければ事故が起こらないのかといえばそうでもない。それがわかっているから高速道路では最低速度違反というものもあると思う。実際は、渋滞などもあるのでこれで違反になったということは聞いたことがないが。流れや相対的な速度を考慮しなければ、事故は起こりやすいものです。いくら法定速度内であっても一定のスピードで視界の良い道と視界の悪い道では危険度が異なるし、道幅にしても飛び出してくる人の車に到達する時間も異なる。よって状況に合わせた緩急をつけた運転が必要になるんではないだろうか?事故は起こした方も起こされた方も良いことが無い。

速度違反も重要かもしれないが、居眠り運転に対する対策はもう少しした方が良いのではと思っている。こればかりは、なかなか自助努力では追突なので避けようがない。一般道ではある程度しているところもあるが、高速ではなかなか効果のある対策はされていないように思われる。

YOMIURI ONKINEの記事

「速度違反自動取締装置(オービス)を通過した途端に加速するドライバーを、その先にこっそり設けた移動式オービスで捕捉する新しい摘発作戦に、大阪府警が今月から本格的に乗り出した。
オービスの設置地点はインターネット上で情報が出回り、ドライバーの多くはその地点だけ減速して取り締まりを逃れているのが実情。
府警は、こうしたドライバーの〈油断〉に着目。3月末現在、全国ワースト1の交通事故死者数(80人)抑制につなげたい考えだが、ドライバーからは「そんな世知辛いことまでするか」とのぼやきも聞こえてくる。
府警によると、一般的にオービスと呼ばれるのは、道路上の橋梁(きょうりょう)などに固定された「レーダー式オービス」。通過車両に投射し、跳ね返ってきたレーダーの周波数などから速度を計算、併設のカメラで速度超過の車両の写真も撮影する。」

これを機会に、オービスのこと速度違反のことをネットで検索するとやはり多いものである。

興味のある人は以下のサイトでどうぞ

フィッシュアイ(ウィキペディア)

交通違反の基礎知識(速度取締り対策)

上記のサイトで、かなりお勉強ができました。なお、日本交通安全普及協会というものもありその中で「事故はなぜ起こったか」を見ると違反というより注意力やもしかして?の想像力の欠如が一番影響しているように思われますね。

 

 


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

お台場MEGA@WEB [車(その他)]

お台場のMEGA WEBに行ってきました。お台場はペリー来航の際に、迎撃するために作られた迎撃場です。東京では関西と異なり歴史を感じるところはあまりなく、大森貝塚くらいでしょうか(爆)。現在のお台場とは全然違っていたのでしょうね。

 

お台場にはトヨタ自動車のテーマパークのMEGAWEBがありますここには3種類のカテゴリに別けられており、一つ目は日常生活用品のユニバーサルデザインショウケース、2つ目は現在トヨタで販売している車とテクノロジーを紹介しているシティショウケース、最後はヒストリガレージです。

トヨタの車は昔からお世話になっており、MR2、ソアラ、スープラ、セルシオと随分と乗りました。MR2は現在のボクスターと同じミッドシップでとても楽しかったです。

 

 

このLFAは東京モーターショウで展示していたものですが、一応、販売する予定にはなっているそうです。ユーノスロードスターが火を付けた2シーターオープンカーは、トヨタも作ろうとしているらしく、MR-Sとスープラの後継車で2,3年後には、販売するらしい。このオープン380馬力位出すらしいので最速の2シーターオープンになるんでしょうね。フェラーリもディノをオープンで出すというし、このマーケットは、まだまだ始まったばかりという感じかもしれません。

こちらはレース使用のスープラ。軽量化と500馬力以上にチューンされています。

ヒストリガレージは、生産中止の決まったセリカ展を9月の10日までやっています。なかなか面白い場所でした。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車
車(その他) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。