So-net無料ブログ作成
ペット ブログトップ

ビンゴが動けなくなりました。 [ペット]

このブログで使っているビンゴというのは私が飼っているアメリカンショートヘアーの猫の名前でもある。
4月24日はビンゴの誕生日であり、今年4月でまる14年たっており、ゴールデンウィークに実家に帰った時には元気に走り回っていました。
7月の中旬に実家から、ビンゴの食欲がなくなって、熱もあるらしいので点滴を打ち始めた。今年は、猛暑なので高齢にはこたえるのだろうか?なんて言っていると一向に元気になりません。抗生物質を注射しても一向に効かず、肝臓が腫れているとのこと。
そんな毎日の点滴生活が1ヶ月も経とうとする8月の11日に、後ろ足というか下半身が動けなくなったとの連絡がありました。
もしかしたら背骨が骨折しているかもしれないと獣医に言われたが、骨折するようなことはしていないし、不思議に思っていた。
どうも、この獣医さんは信じられるのか?と別の獣医さんに連れて行ってもらいました。
なんとそこで、レントゲンを撮った結果、愕然とする結果でした。肺の9割が癌に蝕まれ、下半身が動かないのは骨にも転移しているとのこと。片一方の肺は、まったく機能していないとのことでした。
この段階で、1週間もたないですとの告知を受けた。

そこから日に日に弱ってきた上に、呼吸が苦しそうになってきたとのこと。痛みもかなりあるらしい。
それでも毎日、夜に実家に電話をして耳元に受話器を持っていってもらって、名前を呼ぶと返事をします。
実家の私の部屋は3階で、この状態なのでビンゴは1階で寝ています。前足がかすかに動くくらいです。
それが、なんと目を離した間に、3階の私の部屋まで上がってたらしいのです。

さらに呼吸が苦しそうになり、8月17日に病院に連れて行ってもらうと、朝までもたないと思うとのこと。
これだけ苦しいと安楽死という方法もあるので決めてくださいとのこと。
安楽死とは、麻酔で眠らせた後に心臓を止める薬を打つらしい。
週末には、実家に戻るので、なんとかならないかと聞いたところ、エコーを撮って、肺に水が溜まっているのでこれを抜いてみようとのこと。肋骨から肺に注射を刺して、中の水を吸い取るらしい。なんと150CCも取れたらしい。
体重が4Kgしかないので人間だったら2リットルくらい抜いたことになるらしい。

肺から水を抜いたビンゴは呼吸は楽になり、動けませんが、たまに頭を持ち上げたり、鳴いたりします。
動物は、喋れないので調子が悪くても何も言えないため、かなり切ないです。

もう、治ることも良くなることもないらしいのですが、苦しい思いを少しでも軽減してあげれればと思います。
昨日は、お気に入りに3階のバルコニーから、外を眺めてみたり、少しは気晴らしができたでしょうか?
毎分毎秒弱っているようで、こちらに戻ってきてから、電話をしたときにはあまり鳴かないとのこと。
電話口から名前を呼ぶと返事をしました。動けないため、部屋に誰もいなくなる気配を感じると、頭を少し持ち上げてみゃあと鳴きます。動けないので、かなり心細いのでしょう。なので、だれかいつもそばにいるようにしています。

悲しい事実を受け入れるには、苦しいものもありますが、苦しんでいる時の様子を聞いていたので、今は動けなくても呼吸が楽そうなだけで、ありがたく感じます。

ビンゴとの出会いは14年前である。当時横浜に住んでいて、免許の更新で降りた駅のペットショップで初めて出会った。
飼いたいなって思ったが、一人暮らしだし、出張もあるのでどうしようと思い、一週間経ってまだ飼いたいなら飼おうと思って帰ってきた。一週間経って、買いに行ったのだが、14万円していた値段が、夏のバーゲンセールで7万円になっているうえ、バーゲン期間のビンゴくじを7万円分もらったので、ビンゴをしてもらうと1等賞が当たりました。それが、ビンゴの出会いと名前の由来です。

家に来たときは、まだ生後3ヶ月でかなり小さいでした。
1-SCN_0001.JPG
一人暮らしだったので、えさは、いつも絶えることのないくらい山盛りであげていたのですが、食事をしているのはあまり見たことがありません。日中は誰もいないので、会社からっ帰ってくると遊んであげました。そして私が寝ると、頭を手でたたいて起そうとします、それでも寝ているふりをしていると餌場にいってぽりぽりと食べている音がしていたものでした。
1-SCN_0003.JPG
そして、水は何故か流れてる水しか飲まないので、水を飲みたくなると洗面所やトイレに行ってみゃあみゃあと呼びます。
こんな感じで水を飲みます。
1-SCN_0002.JPG
洗面所のときはこんな感じです。
1-IMG_5878.JPG
寝るときは、枕の横で、いつも寝ていました。
1-DSC00007.JPG
どこへ行くときも着いて来て、お風呂場だけは水が嫌いなので中には入ってきませんが、すりガラス越しに30分でもお座りして待っています。
最初の海外出張で、1週間ペットホテルに預けたときは驚きました。戻ってみると骨と皮みたいに痩せこけています。
ペットホテルの人いわく、預けた日から、迎えに来た日まで水もえさも一口も口をつけなかったらしいのです。相当ショックだったのでしょうか?

まだ若い頃のビンゴ。
SCN_0004.jpg

10歳を超えたころのビンゴ。
1-1857629.jpg.JPG

お気に入りのバルコニーの手すりを歩き回っていた頃。
4479372.jpg.jpeg
ここから戻る頃には、元気でいると思っていたのに、10年ほど、ビンゴと二人暮らしをしていたので、ペットホテル事件以来、旅行も一緒に行っていたので、いろんなところに一緒にいきました。USにも行ったし。

残された時間は、かなり少ないのですが、痛みがあまり無いことを願っています。
もう、殆ど動けなくなってしまいました。
IMG_6951.JPG
今回は、私もかなりこたえましたが、残りわずかでも安らかに過ごして欲しい。

追記:
8月23日:息苦しそうになったので肺から水を抜いてもらうと楽になるかと病院にいった。
肺からは水ではなく血が60CC出てきた。通常、血の成分は30%くらいあるのだが、既に6%程度になっており水のような血になっているらしい。これからは、肺から水を抜くのも無理な様で、酸素不足で意識不明になっていくとのこと。
先週、水を抜いたときに、週末に私が戻るのでなんとかもって欲しいとのことで先生にお願いしたが、まず、無理だろうと思ったらしいので、病院に現われたビンゴを見て、先生も生命力の強さに驚いていた。
目を閉じる力も残っていないので、目を開けているけど寝ていることもあるので気にしないでとのこと。
電話で呼びかけるとまだ返事はできる状態です。

8月27日:毎日、朝昼晩と電話で呼びかけていたが、朝の呼びかけには返事をするも、その後は声を出すことはなくなった。様子がわからないので電話からTV電話に切り替えると、呼びかけには頭を少し動かすことができるようだ。閉じないと言われた目も少し閉じてきています。
自分では起きれないので起こしてあげて水をたまに飲むこともあります。
もう食べなくなって2週間、水だけで頑張っているようです。

8月29日:今週もお見舞いで大阪入りしていました。一人で起きれないので持ち上げてあげて顔の前に水を持っていくと水を飲んでいましたが、この姿勢は体が痛いのか?とうとう飲めなくなって、寝ている状態でスポイトで水をあげると飲める状態です。28日は、手足の温度がかなり低くなったのですが、29日はだいぶ暖かく戻ってきました。
このままでいつかは意識がなくなるのでしょうが、意識がなくなる直前まで傍にいてあげたいのですが、そういうわけにも行かず、私のいない時に亡くなった場合の棺の中に入れるものとかを決めて帰りました。

8月30日:お昼12時前に、呼吸をするときに鼻から血が吹き出してきました。何故かはわかりませんが、今まで肺から水を抜いたりしたこともあるくらいなので肺の中に血が溜まっていたのかもしれません。人も猫も、病気の症状は同じようなものらしいです。それからぐったりとしてしまいました。鳴き声もあげることはなかったですが、17時にTV電話で呼びかけると、ゆっくり瞬きをして舌をぺろぺろさせていました。
夜20時、呼吸が止まり、永眠しました。
今日の朝からは、痛いのか辛いのを我慢していたのでしょう。涙を流していました。
急速に病状が悪化しましたが、良く頑張ったとほめてあげたいです。できれば、意識が無くなるその瞬間まで傍にいてあげたかったことだけが残念です。
先週、今週と会いに行ったことで、少しは頑張れたのかもしれません。私がいる間は、返事をしたり、呼吸が乱れることはなかったのですが.....。でも、これで辛い思いから開放されると思うと少し救われます。
今から、私に代わって親が体を拭いてあげて天国へ向かう準備をしてあげてくれます。

nice!(0)  コメント(22) 

画像変換テストPART2 [ペット]

再度、画像変換テストを行ってみた。ブログにUPできるのは1Mバイトまでなので、4秒までしか映像はUPできないようだ。

QTconverterというフリーソフトを用いて変換。これが良くできている。

折角なので、サンプルで用いたビンゴを再度UPしてみる。

QTconverterの説明は以下の様になっています。携帯電話からUPするためのSDKというバージョンもできたようです。

FOMA(iモーション)や、au(ezムービー)で撮った動画の3gp、3g2、amc形式のファイルは、WINDOWS標準のWindows Media Playerでは再生できません。

また同じ携帯端末同士でも、CDMA1xの動画がFOMAで見れなかったり、FOMAの動画もCDMA1xでは見れませんよね。再生環境によって互換性がないため、再生可能な形式に変換する必要があります。

QTConverterは様々な動画ファイルの相互変換が行えます。
追加コンポーネントの『Macromedia Flash Video Exporter』をインストールすれば、Flash Playerで再生可能なflv形式への出力も可能です。

【特徴】

  • 3gp(3GPP) - NTTDoCoMo(iモーション)、vodafoneの動画形式として採用
  • 3g2(3GPP2) - au(ezムービー)CDMA1xWINの動画形式として採用
  • amc - au(ezムービー)CDMA1xの動画形式として採用
  • flv - Macromedia Flash Playerで再生可能(追加コンポーネントが必要:Macromedia Flash Video Exporter)出力のみ対応
  • mp4 - ISMA または H.264 H.264は次世代動画形式として、HD-DVDやBlu-rayの動画形式として採用
  • m4v - 動画対応iPodで再生可能(iPodビデオ)
  • m4a - iPodで再生可能(iPodミュージック)
  • avi
  • mov など、様々な形式のファイルに対応しています。
    また動画ファイルだけでなく、bmp変換 jpg変換 png変換などの静止画ファイルへの変換も可能です。

  • 動画アップの実験をビンゴでしてみることに [ペット]

    携帯電話の動画をブログに載せることができるのかと試していたが、Sonyの携帯電話のファイル出力はMQVファイルでブログはMp4でなければUPできないため、変換してUPしてみるとしよう。

    なるほど、一応できたみたいだが音が無いのか?雑音なのか?もともと音があまり出ていない動画なのかがわからずとりあえず音のあるものの確認は次回にするとしよう。それにしても変換するとファイルが1.5倍くらいに増加するしブログへの転送は1M未満なのでUpできる元ファイルの録画時間は20秒が限度だと思う。


    ビンゴの紹介 [ペット]

    ビンゴが我が家に来て早くも7年になります。小さい時は良く走り回っていましたが最近はお爺さんになってきたのかいつも良く眠っています。夜はいつもベットの端っこで寝ています。

    ふわふわした場所が好きなので昼間はソファの上でいつも寝ています。

    小さい時は、悪さばかりしていましたが、おかまちゃんになってから随分とおとなしくなりました。悪さばかりしている時のほうが猫らしくて良かった様に思っているのは私だけかもしれないです。


    ペット ブログトップ

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。